映像制作で観客を飽きさせないようにする方法

映像制作で大事なこと

映像制作において最も難しいのは、いかに観客を惹き付けておけるかということである。

テレビドラマなどでは、頭の5分で興味を持たれなかったらチャンネルを変えられるということが言われている。

ということは、オープニングシーンが非常に大事だということである。今の若者は何事もスピーディーで、テンポがよく、リズミカルなものに惹かれる。その典型的なものがお笑いである。漫才しかり、コントしかり、いずれも軽いノリでテンポよくできている。映像制作においても同じで、まずテンポが良いかどうかが大事なのである。このテンポというのは演出の役割である。

もう一つ重要なのがストーリーである。ストーリーとは物語性である。お話がつまらなければ、いくらテンポが良くても観客はついてこないのである。

逆にお話が面白ければテンポが悪くてもお客がついてくるかというと、それも難しいのである。映像制作で考えなければならないのは、テンポの良い演出と面白いストーリーの2つである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です